« BMW エアバック警告灯点灯 | トップページ | スナップオン Snap-on 割れた!? »

2011年11月 8日 (火)

ワゴンR エンジン始動できない!?

T様 ワゴンR 「エンジンが掛からない」との事でご入庫。

P1060231

出先でのトラブル。。

幸い、JAFの会員様で、ローダーで搬送・ご入庫となりました。

 

T様のおクルマは、2年前に一度、エンジンをダメにしてしまいまして、

リビルトエンジンに交換させて頂いたお客様で、その後も、

定期的にオイル交換や、メンテナンスをキッチリされている

おクルマでしたので、搬入を待つ間、色々原因を考え

「さて、なんだろう??」と、少々心配になりました。

バッテリーもチェックさせていただいているし・・・

ってことは、オルタかフューエルか… と、予測しました。

 

搬入時に、JAFの隊員に「どんな感じですか?」と聞きと、

「ガソリンは入っているが、ガス欠の様な症状で、

ポンプが作動してない感じに似ています。」

とのこと。

ほう。そっちでしたか。

T様に、ある程度のご説明をして、お預かりしました。

 

さて、トラブルシューティング

クランキングはもちろんOK

燃料残もメーター上はOK

ここで、レベルセンサーはOKと仮判断。

燃圧は・・・

プレッシャーゲージを付けるまでもなく、

プレッシャーホースを触って燃圧がないのがすぐに解るほど。。

ポンプリレーの作動音OK

ぢゃあ、タンク降ろしますか。

P1060232  

インタンクポンプまでの電圧もOK

ってことで、ポンプ不良でほぼ間違いなし!!

念のため、ポンプを外し、燃料残確認。 OK

P1060233

ポンプモーター回路も断線なし

ぢゃあやっぱ、ポンプ作動不良か。

どんな感じか、直接ポンプに電圧をかけると…

P1060236

お、一応作動してる!?

が、

P1060234_2

よ、弱い…チョロチョロって…

これぢゃ、ダメね。。。

もっと、ドバーって出てくんないとね。

そんなこんなで、 フューエルポンプ不良 確定。

P1060238

ポンプユニットのみの交換で、レベルセンサーユニットは

そのまま再使用で、コストダウン!

結果良好 作業完了!!

|

« BMW エアバック警告灯点灯 | トップページ | スナップオン Snap-on 割れた!? »

仕事ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワゴンR エンジン始動できない!?:

« BMW エアバック警告灯点灯 | トップページ | スナップオン Snap-on 割れた!? »