« CB400 ボルドール  車検 | トップページ | 結構…  ホンダアクティー »

2014年2月13日 (木)

どっちが先?  オーバーヒート オイル漏れ



T様 マツダ スクラムバン

Img_0207

走行不能になった…との事。

 話を聞いてみると

突然、走行中に止まった…

その時、水温計が上がっていた…

その前に、バッテリーのランプも点いた…

 

Img_0220

ファンベルトです。↑

 

話の流れからすると、

ベルトが切れ、バッテリーチャージランプが点灯し、

オルタ・ウォーターポンプが回らず、

オーバーヒートした。。。

って事になります。

主原因は「ベルと切れ」なんですが…

ベルトの切れ方がどーも納得いかない。

リブベルトなので、この様に切れることがあまりない。

リブ面の劣化等もなく、状態としては悪くない。

しかし、ベルトは裂けている。

その後、オルタネータのプーリーに絡み込み二次災害的な様子。

 

なぜベルトがこうなったのか…。

現車を見ると、フロントクランクシャフトからのオイル漏れ。

(多量)

あくまでも推測ですが、

このオイル漏れにより、漏れたオイルがベルトに付着、

それが原因で、ベルトがスリップ等によりベルトが

切れ(外れ)この事態。ではないのかな??

 

とにかく、修理しましょう。

Img_0208

クランクプーリー(バイブレーションダンパー)裏側。

オイル漏れにより、ダンパー部が変形しています。

長時間オイルにさらされていた様子。

Img_0209

Img_0212

クランクオイルシールの交換

バイブレーションダンパーの交換

ベルトテンショナーの交換

Img_0226

ウォーターポンプの交換

ベルトが絡まり、オルタネーターの回転が渋く

なってしまったので、

オルターネーターの交換

Img_0225

Img_0215

サーモスタットの交換

Img_0221

画像右側 開きっぱなしです。

画像左は新品

Img_0219

Img_0240

ベルト・オイルも交換して、
オイル漏れチェック!

 

 

最終的に、最初の原因は掴めず。

でしたが、現状復帰成功!

 

オイル漏れ・オーバーヒートはOK!!

 

|

« CB400 ボルドール  車検 | トップページ | 結構…  ホンダアクティー »

仕事ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どっちが先?  オーバーヒート オイル漏れ:

« CB400 ボルドール  車検 | トップページ | 結構…  ホンダアクティー »