« オイル管理は大事です。 | トップページ | 「タケトレ」inBagus! »

2014年3月 1日 (土)

モッチーからの大地  ekスポーツ


大地の ekスポーツ

Img_0386

モッチーから譲り受け

名義変更・車検で引き揚げてきました。

 

昨年11月で、車検切れの放置。

バッテリーは死んでる。

アイドリングしない。。。

オーバーヒート警告灯は点滅。。。

タイヤはバリバリ亀裂。。。。

 

ど~する?

Img_0390

とりまあ、やりまっすか!

 

 

まずは、バッテリー交換して、 

テスター診断・・・

ECU故障コードなし

アイドリング不調は相変わらず、

暖機後はなんとかアイドリングしている状況。

 

そんな最中、オーバーヒート警告灯が点滅を始める・・・

暖機中で、もうヒート気味?

水温センサーのステイタス確認

Img_0392

93℃で安定してるし、97℃くらいから電動ファンも

作動するし、その後93~5℃で安定してる。。。

ん~。

ヘッドガスケット抜けてなきゃいいけど・・・

水温の安定状況から、ガスケット抜けは考えにくい。

サーモスタットはとりあえず交換かな?

一応、コンプレッションも確認しておきますか。

Img_0396

ん~、全シリンダーもんだは無さそうなので、

エンジン・クーリングシステムは正常と判断。

ってことは、表示する側、される側の問題ですね。

このエンジンの水温計は合計2個、

ECUに信号を送るセンサー(テスターで表示されていた信号)

このセンサーは、上記の事から正常と判断できる。

 

もう一つは、メーター信号を送るセンサー。 

この水温センサーがダメになれば、オーバーヒート

してなくても、メーターに誤信号を送ってしまい、

メーター表示も誤表示してしまう。

 

これで絞り込みは出来ますので、

後は、このセンサーがダメなのか、信号を受け取る側の

メーター自体がダメなのか?って事になります。

 

センサーは2~3000円程度の物、メーターは10倍以上!!

センサーの抵抗を確認して、単体テストもいいのですが、

ここは、経験上の判断で、センサーを交換しちゃいます!!

 

 

と、同時に、アイドル不調も・・・

調子が悪いのは、アイドル時のみ。

点火系もコンプレッションも正常だったので、

バキューム系かエアー系か??

 

パワーフィルター装着車なので、その辺も怪しい・・・

が、ノーマルパーツがないので、元に戻せない。

 

Img_0467

ここも、経験値で探っていきましょう!

 

まずは、ISCバルブ。

アイドルスピースピードコントロールの略。

(ミツビシは何てゆーのかな?ステッパモーターとかだったかな?)

やってることはどのメーカーも同じです。

 

Img_0474

スロットルボディーの下端にいらっしゃいます。

 

 

やはり、ISCバルブは作動していませんでした。
バルブの固着。

このロッドの伸び縮みの動作により、アイドル時の

エアー通路の調整をしています。

Img_0471


画像左が新品。 対策品だそうです。

画像右、ロッドが出た状態(バルブ閉)で固着しています。

 

これにより、バルブ閉状態なので、

アイドリングを保てなかった。と言う事になります。

Img_0470

これで完璧!!

 

後は、タイヤの交換とナビの取付!

Img_0466


Img_0475


完成!!

大地くん、予算いっぱいです…。

 

|

« オイル管理は大事です。 | トップページ | 「タケトレ」inBagus! »

仕事ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モッチーからの大地  ekスポーツ:

« オイル管理は大事です。 | トップページ | 「タケトレ」inBagus! »